家売却時の仲介手数料を安くする方法ってある?割引ってないの?

売却時の仲介手数料を安くする方法はないのか?仲介手数料は売買価格×3%+6万円で簡単に計算できますので、売買価格さえ分かれば誰でも計算できます。

計算してみるとわかるのですが、例えば3150万円で売却した場合の仲介手数料は3150万円×3%+6万円なので100万円5千円となります。以外と大きい金額ですよね?

その為、もう少し安くならないのか?と考えてしまいます。

仲介手数料を下げることは可能なのか?

実は仲介手数料について、売主は勘違いしている事があり、上述した計算式で算出した仲介手数料は上限価格なのです。上限価格ですので、売買価格が3150万円なら最大で100万円5千円(税抜き)を手数料として売主に請求できる訳ですが、最大額なので、手数料をもっと安くしても特に問題ないんです。

ただし、通常、不動産会社は大手、中小ともに最大額を請求することが多いです。

必ず最大額と言う訳ではない為、仲介手数料を値引きしてくれないか交渉してみてもよいかもしれません。ただし、あまり言い過ぎてしまうと不動産会社は利益が減るわけですので、売却活動のモチベーションが下る可能性もあるので注意が必要です。

ダメモトで一度聞いてみて、値引きできないのであれば、それはそれで良しというくらいの気持ちでいるとよいです。

条件次第で手数料の割引を行う不動産会社もある

例えばソニー不動産では仲介ではある条件を満たすことで手数料の割引をしています。条件は仲介を依頼する媒介契約でソニー不動産にのみ仲介を依頼する、専任媒介契約または専属専任媒介契約した場合に最大で5万円の割引を受けられます。あのソニーの不動産事業で、高く売りたい方に選ばれている業者です。ただし、1都3県のみというエリアが狭いのが残念です。もしエリア内に物件を持っているなら査定だけでもしてみると良いと思います。家の査定は3~5社が鉄則ですね。

他にも同様に、割引を行っている会社もあるので、もし少しでも手数料を下げたいのであれば探してみてもよいでしょう。

ただし、割引額の条件によっては割引をしていない不動産会社で高く売ってくれる業者の方が得する事も多々あるので、しっかりと計算しておかないと手数料の割引があるからと仲介を依頼する会社を選んでいては損することもあります。

仲介手数料半額や仲介手数料無料の会社には注意が必要

仲介を依頼する不動産会社を探していると、仲介手数料半額や無料と謳う業者がありますが、一概に得するとは言えない部分もあるので注意しておいた方が良いでしょう。

仲介手数料は、売買契約が成立した際に、売主から成功報酬としてもらえる手数料ですので、契約が成立しなければ、業者には手数料が入らず利益はゼロです。

それなのに、半額・無料にするのは、何かカラクリがないと厳しいと思いませんか?

半額の場合はまだ良いとしても無料にすると言う事は何の為に仲介しているのかという事になります。

色々と考えられますが、例えば、売主が不動産業者で買主が個人の場合、買主の仲介手数料を無料にしたり、売主が個人で、買主が不動産業者の場合、買主から手数料をもらい売主を無料にしたりします。

勘の良い人はもう分かっているかもしれませんが、実は売主と買主の両方の仲介をしている為、無料などの割引が可能になるんです。通常、売主には売主側の仲介業者がいて、買主には買主側の仲介業者がいます。売買が成立した際は、売主側の業者は売主から手数料をもらい、買主側の業者は買主から手数料をもらいます。

それぞれに別々業者が存在するのですが、売主側の仲介業者と買主側の仲介業者両方になる事も可能なので、両方から手数料をもらえるわけです。100万円の手数料であれば、2倍の200万円が手数料として入ります。その為、どちらかを無料にしても100万円は手数料が入るという仕組みです。

特に問題ないのでは?と感じるかもしれませんが、売主と媒介契約を結んで、仲介手数料を無料にする場合、業者は自分達で必ず買主を連れてこないと利益になりません。売り出し物件の情報は不動産流通機構を通じて、不動産業者に流れているので、他の不動産会社のお客さんが興味を持つことが当然あります。

しかし、売主の不動産会社からすると、それでは利益にならないので、何かしら理由をつけて断ったりします。そうなるともしかしたら売れた可能性のある希望者を逃すだけでなく、断ることで売却までの期間もながくなってしまいます。

手数料無料や割引はとても魅力的ですが、しっかりと考えておかないと自分にとってマイナスの選択になる事にも繋がります。注意しておくべきです。

COPYRIGHT© 2013 家売却のコツ ALL RIGHTS RESERVED.